So-net無料ブログ作成
検索選択

四国中世史研究 第11号 [会誌『四国中世史研究』]

2011年8月発行 1,500円

丸山 幸彦「近世『予章記』の成立とその構造─南明本を中心に─」
磯川いづみ「伊予河野氏と甲斐河野氏」 
小林 可奈「伊予河野氏と室町幕府─応永二十年代における河野通元の動向を中心に─」
長谷川賢二「中世における熊野信仰と宗派の境界」
桑名 洋一「天正期沖家騒動に関する一考察─村上元吉を中心にして─」 
石尾 和仁「長宗我部元親による阿波国侵攻の「記録」と「記憶」」
四国中世史研究文献目録補遺(VII)

(※)本記事に表示の頒価は本体価格です。書店販売の場合は、消費税が付加されます。事務局からの直販の場合は消費税不要で、送料+振替手数料をご負担いただきます。
購読の詳細については、こちらをご覧ください。
http://4chuken.blog.so-net.ne.jp/2006-03-20-5
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0