So-net無料ブログ作成

長谷川賢二『修験道組織の形成と地域社会』 [会員動向(著作など)]

岩田書院、2016年3月刊
320ページ、ISBN978-4-86602-945-0 C3021、定価7,000円+税
本会会員である著者が、修験道史関係の論考をまとめた本です。中世における熊野三山検校・聖護院門跡を中核とする修験道組織(本山派)の形成過程とともに、修験道の末端にかかわる山伏や霊山の、阿波国における実態について検討しています。
関連書籍として、時枝務・長谷川賢二・林淳編『修験道史入門』(岩田書院、2015年9月刊、定価2,800円+税)があります。よろしければ、こちらもご覧ください。

http://www.iwata-shoin.co.jp/bookdata/ISBN978-4-86602-945-0.htm

(2016.10.1追記)
2016年9月、第25回日本山岳修験学会賞に選ばれました。
http://www.sangakushugen.jp/award1.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。