So-net無料ブログ作成
お知らせ ブログトップ
前の10件 | -

地方史研究協議会第68回(徳島)大会のご案内 [お知らせ]

小会も参画して開催準備が進んでいる地方史研究協議会第68回(徳島)大会が、次のとおり開催されます(プログラムにおける敬称略)。中世史に関しては、公開講演で橋詰茂、自由論題で山下真理子、共通論題で大村拓生、森脇崇文の各氏が登壇されます。みなさまのご参加をお待ちしております。
なお、大会会場にて、『四国中世史研究』バックナンバーの販売を行います。ご利用ください。

===地方史研究協議会第68回(徳島)大会概要===
共通論題 「地力」と地域社会 —徳島発展の歴史的基盤—

期日:2017年10月21日〜23日
会場:徳島県徳島市 あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)大会議室
大会資料代1,200円(第1日・第2日共通)

第1日:10月21日(土)午前9時00分開場
■自由論題研究発表(午前9時20分〜)
①永正年間における二系統の将軍奉戴と細川京兆家・・・・・・・・・・・・・・山下真理子(東 京)
②森水軍からみた近世の阿波・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・根津 寿夫(徳 島)
③「胡桃澤盛日記」にみる戦間期農村指導者の形成過程
—長野県下伊那郡河野村・胡桃澤盛の事例—・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中 雅孝(長 野)

■共通論題研究発表(午前11時5分〜)
①地図・絵図にみる吉野川下流域の景観・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平井 松午(徳 島)
②徳島・吉野川下流域における先史・古代の農耕について・・・・・・・・中村  豊(徳 島)
■公開講演(午後1時45分〜)
人類学者鳥居龍蔵の足跡と業績         鳥居龍蔵を語る会代表 天羽 利夫
中世後期東瀬戸内地域をめぐる諸相—島・湊・船—   徳島文理大学教授 橋詰  茂

■総会(午後4時20分〜)

第2日:10月22日(日)午前9時00分開場
■共通論題研究発表(午前9時30分〜)
③弥生時代における赤色顔料の生産と流通
—徳島県若杉遺跡を中心に—・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西本 和哉(徳 島)
④中世阿波国の材木産出と流通の展開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大村 拓生(大 阪)
⑤足利義昭帰洛戦争の展開と四国情勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森脇 崇文(徳 島)
⑥阿波藍をめぐる藩政と藍商・紺屋の動向
—藍商手塚家と井上家を中心に—・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松永 友和(徳 島)
⑦大原呑舟と阿波・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川 裕久(徳 島)
⑧近世近代移行期の商人資本と地域経済
—肥料取引をめぐって—・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森本 幾子(広 島)
⑨以西底曳網漁業と漁民の移住と定住化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・磯本 宏紀(徳 島)

■共通論題討論(午後3時30分〜)議長:石尾和仁(徳島)・岡本治代(徳島)・山澤 学(茨城)
■懇親会(午後6時00分〜)ホテルサンシャイン徳島アネックス(鳳凰の間)(会費6,000円予定)

第3日:10月23日(月)午前8時00分開始
■巡見 2コース 各コース定員40名。(参加費5,000円予定)

※詳細はこちらをご覧ください
コメント(0) 
共通テーマ:学問

本田 昇(八巻孝夫編)『全国城郭縄張図集成 阿波を中心とした中世城郭研究論集』 附:特価販売のお知らせ [お知らせ]

岩田書院、2015年7月刊
466ページ、ISBN978-4-87294-922-3 C3021、定価24000円+税
かつて四国中世史研究会は、年2回の研究会に参加すれば、誰もが「会員」というアバウトな集まりでした。そんな時代に度々ご一緒してきた本田昇さんが亡くなったのが2003年。先日、13回忌の法要が営まれました。
本田さんは、四国だけでなく、全国的にも中世城郭研究をリードしてこられましたが、このたび、ご遺族や関係者の尽力により、精魂傾けて作成された城郭縄張図と関係論考を集成した本が出版されました。貴重な著作です。ぜひご購読ください。
http://www.iwata-shoin.co.jp

====================
以下は、四国中世史研究会会員限定のお知らせです。
版元の岩田書院さんのご厚意により、会員には次の条件で特価販売していただけます。
◎本体価格2割引き+消費税(後払い)
◎期限 2015年9月末
ご希望の方は、会員であることを明記して、岩田書院へ直接、メールでお申し込みください(info●iwata-shoin.co.jp ●は@に置換してください)。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

消費税アップにつき [お知らせ]

2014年4月1日、消費税率が3%アップし、本体価格の8%となりました。これに伴い、会誌『四国中世史研究』バックナンバーの価格表記などを修正しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

会誌等発送のお知らせと2013年度会費納入のお願い [お知らせ]

サマーセミナー不参加の方へ、会誌『四国中世史研究』12号や総会資料を発送しました。あわせて、今年度会費納入(昨年度以前の未納がある方はそれも含めて)のお願いも同封しています。ご協力をお願いします。
ところで、転居や転職、異動に伴う住所、メールアドレスの変更を連絡いただけないケースが少なくありません。事務局としても困りますので、この件についてもご協力をお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

事務局移転など [お知らせ]

小会の第62回研究会を兼ねた第51回中世史サマーセミナー会期中の8月24日、総会を開催し、会則等の改正、運営委員の改選などを行いました。また、会誌『四国中世史研究』12号も無事に刊行され、参加者には手渡されました。諸々の情報は、随時アップしていきますが、対外的な大きな変更点は事務局の移転です。すでに昨年の総会で了解されていましたので、水面下で作業を始めていましたが、正式に決定しました。
長らく担当してきた徳島の長谷川運営委員が事務局を降り、愛媛の土居運営委員に引き継ぎました。これに伴い、本ブログトップ記事(http://4chuken.blog.so-net.ne.jp/2012-12-31)として表示している連絡先も改訂しました。個人宅を事務局とする関係上、電話やFAXは非公開とし、会員以外の方からの連絡手段は手紙と電子メールに限らせていただきます。ただし、ブログURLやメールアドレス、ゆうちょ銀行振替口座は従来どおりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

論集『四国と戦国世界』発刊! [お知らせ]

img1077.jpg昨年8月、第60回研究会を兼ねて、香川県高松市で開催した「四国中世史研究会30周年記念シンポジウム:四国をめぐる戦国期の諸相」(小会・戦国史研究会 共催)の成果をまとめた論集『四国と戦国世界』が刊行されました(詳細は下記のとおり)。ぜひご購読ください。
なお、小会の会員には、特価販売をしております(送料・振込手数料を合わせると、定価とあまり変わらないですが)。詳しくは事務局までお問い合わせください。

四国中世史研究会・戦国史研究会編 『四国と戦国世界』
2013年5月刊・A5判・250頁・並製本・カバー装・2,800円(税別)
岩田書院刊

【主要目次】
基調講演:戦国の活力—東瀬戸内地域の視点から—(山田 邦明)
戦国大名武田氏と従属国衆(丸島 和洋)
足利義稙後期の幕府政治と御内書・副(浜口 誠至)
織田・羽柴氏の四国進出と三好氏(天野 忠幸)
毛利氏と長宗我部氏の南伊予介入—喜多郡争乱をめぐる芸土関係—(山内 治朋)
全体討論(司会:川岡  勉)
四国戦国期研究文献目録(四国中世史研究会)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

『四国中世史研究』7号販売再開 [お知らせ]

6月24日付けで、『四国中世史研究』7号の販売終了を宣言しましたが、その後、ある会員の個人的な手持ちを提供いただけるというお話がありました。したがって、販売を再開することができますので、ご案内します。もちろん、販売終了が先送りになったに過ぎませんので、「お早めにどうぞ」は同じです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2012年度の会費 [お知らせ]

恒例によりまして、8月の研究会で今年度会費をいただきそこねた方を対象に、請求等を発送しました。ご協力のほどお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

シンポジウム「四国をめぐる戦国期の諸相」報告集刊行予定 [お知らせ]

戦国史研究会と合同で開催したシンポジウム「四国をめぐる戦国期の諸相」は、報告集を岩田書院さん(小会の『四国中世史研究』発売元)から刊行していただく予定です。各報告者が原稿をきちんと出していただけるなら、来年8月には発刊のはずです。詳細はいずれご案内できると思います。乞うご期待!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

次の研究会(第61回研究会) [お知らせ]

先日開催しました第60回研究会は、戦国史研究会との合同研究会という初の試みでしたが、多くのご参加をいただき、研究交流が促進できました。もとはといえば、飲み会の戯言から始まった企画のように記憶していますが、小会の30周年記念とも重なり、実り多いものだったと思います。ご協力いただきました皆様にお礼申し上げます。
さて、次の研究会は、12月22〜23日、愛媛県にて開催することになっています。詳細は決まり次第、掲載します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - お知らせ ブログトップ