So-net無料ブログ作成
検索選択

東近伸『中世土佐幡多荘の寺院と地域社会』 [会員動向(著作など)]

リーブル出版、2014年9月刊
278ページ、ISBN978-4-86338-094-3、定価2,500円+税
本会会員である著者が、博士学位論文に結実した長年の研究成果をまとめた本です。土佐幡多荘における金剛福寺と地域社会の実態を解明したもので、地域に密着した貴重なものです。

http://www.amazon.co.jp/中世土佐幡多荘の寺院と地域社会-東近-伸/dp/4863380941
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

第64回研究会(2014年8月) [例会記録]

香川県坂出市・高松市 2014年8月23日(土)〜24日(日)

◎発表(市民公開)
櫻井 拓仁「戦国期伊予国における文書発給と河野氏」
森脇 崇文「元亀〜天正前期における阿波三好家」
目良 裕昭「『長宗我部地検帳』から見た中世後期土佐国安芸郡の地域社会」
唐木 裕志「中・近世歴史用語三題」
橋詰  茂「由佐家文書について—巡検案内をかねて—」
◎巡見
高松市香南歴史民俗郷土館(中世の由佐家文書の閲覧)〜天福寺〜冠纓神社

DSC_0296-2.jpg

DSCN4991.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

山内譲『海賊衆来島村上氏とその時代』 [会員動向(著作など)]

印刷 セキ株式会社、2014年2月刊
288ページ、ISBN978-4-89983-181-5、定価2,000円+税。
本会会員である著者が、能島村上氏に比べて必ずしも研究が十分でない来島村上氏について、その事績をまとめたものです。史料上に姿を見せ始めてから伊予を退去して豊後へ向かう時期までの歴史が、最新の知見をもとに平易に紹介されています。
本書は私家版のため、購読のお申し込みは下記までお願いします。
〒791-0212 愛媛県東温市田窪2099-32  山内譲氏
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

天野忠幸著『三好長慶』 [会員動向(著作など)]

ミネルヴァ書房、2014年4月刊
四六判、328ページ、ISBN978-4-623-07072-5、定価3,200円+税。
本会会員である著者が、「ミネルヴァ日本評伝選」の1冊として書き下ろしたものです。三好長慶とその一族の興亡の歴史について、最新の知見をもとに分かりやすくまとめられています。ぜひご購読ください。

http://www.minervashobo.co.jp/book/b167992.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

消費税アップにつき [お知らせ]

2014年4月1日、消費税率が3%アップし、本体価格の8%となりました。これに伴い、会誌『四国中世史研究』バックナンバーの価格表記などを修正しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

第63回研究会(2013年12月) [例会記録]

徳島県徳島市・小松島市 2013年12月22〜23日

◎発表
 父田 翔一「康正から寛正にかけての河野氏宗家の動向について」
 松田 朝由「関西地域の中世石造物圏と瀬戸内地域への影響について」
 島田 豊彰「中世所領八万と園瀬川の流通」
◎巡見
 徳島県立博物館(後藤家旧蔵細川成之・飯尾常房関係史料等)〜小松島市豊国神社・堀越寺

PC230395-2.jpg

PC230410-2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

市村高男編『中世宇都宮氏の世界 下野・豊前・伊予の時空を翔る』 [会員動向(著作など)]

彩流社発行、2013年11月発行 定価2,940円。
本会会員がかかわっている著作です。大きな視野から四国の中世史を見直すことにもつながると思いますので、ご購読ください。

宇都宮氏は下野を中心とする関東に大きな足跡を残した一族ですが、その間、豊前へ移り住んだ同族や伊予に分立した一族なども現れて、宇都宮氏の事跡は関東を越えた広い地域に刻み込まれていきました。
本書は、下野の宇都宮氏と豊前・伊予の両宇都宮氏とをまとめて取り上げ、その系譜関係や政治、社会経済、宗教・文化などを総合的に検討して宇都宮氏の新たな歴史像を示すことで、中世史研究に寄与するばかりでなく、関東・四国・九州を横断した地域史研究の在り方を提示しようとするものです。
全24本のうち、伊予宇都宮氏に関係するものとして、以下の論考が収録されています。

市村高男「中世宇都宮氏の成立と展開−下野・豊前・伊予の三流の関係を探る」
土居聡朋「伊予宇都宮氏の成立と展開」
市村高男「伊予府中の所在とその実像」
日和佐宣正「伊予宇都宮氏の城−瀧之城を中心に」
岡崎壮一「掘り出された戦国期の大洲城」
土居聡朋「宇都宮神社と城願寺 附・伊予の宇都宮神社信仰」
土居聡朋「伊予宇都宮氏と西禅寺」
黒川信義「喜多郡宇都宮氏支配圏の石造物」

注文はお近くの書店かインターネット通販をご利用ください。発行元の彩流社にも注文できます。
http://www.sairyusha.co.jp/
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

会誌等発送のお知らせと2013年度会費納入のお願い [お知らせ]

サマーセミナー不参加の方へ、会誌『四国中世史研究』12号や総会資料を発送しました。あわせて、今年度会費納入(昨年度以前の未納がある方はそれも含めて)のお願いも同封しています。ご協力をお願いします。
ところで、転居や転職、異動に伴う住所、メールアドレスの変更を連絡いただけないケースが少なくありません。事務局としても困りますので、この件についてもご協力をお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

四国中世史研究 第12号 [会誌『四国中世史研究』]

2013年8月発行 2,000円

山内  譲「『一遍聖絵』と伊予三島社」
丸山 幸彦「築山本『予章記』の考察―近世『予章記』分析の一環として―」  
福本 孝博「室町期地方政治都市「勝瑞」の成立と変容―歴史地理学的景観復原による予察―」
磯川いづみ「「大山積神社文書」所収元久二年の二通の下文について」
西尾 和美「『予章記』に探る中世河野氏の歴史構築―長福寺本を中心に―」
楠瀬 慶太「高知県旧物部村の地名に見る山の生活誌」
中平 景介「阿波大西氏に関する長宗我部元親書状について」
四国中世史研究文献目録補遺(VIII)

(※)本記事に表示の頒価は本体価格です。書店販売の場合は、消費税が付加されます。事務局からの直販の場合は消費税不要で、送料+振替手数料をご負担いただきます。
購読の詳細については、こちらをご覧ください。
http://4chuken.blog.so-net.ne.jp/2006-03-20-5
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

第62回研究会(2013年8月) [例会記録]

愛媛県松山市・今治市 2013年8月23〜25日
 ※第51回中世史サマーセミナーとして、同実行委員会と共催

◎道後見学(伊佐爾波神社、宝厳寺、湯築城跡、子規記念博物館:古文書見学)
◎発表・シンポジウム((四)…小会会員枠による発表)
 植田 真平「南北朝・室町東国史研究の現在」
 廣田 浩治「中世後期の畿内・国・境目・地域社会」
 山田 貴司「西国の地域権力と室町幕府」
 熊谷 隆之「鎌倉幕府支配の西国と東国」
 黒嶋  敏「室町幕府と遠国・境界」
 (四)小林 可奈「応仁・文明の乱期における伊予河野氏の「所領」支配」
 (四)山内  譲「巡見案内 海賊・海城・一宮」
 シンポジウム「中世の西国と東国」
◎巡見
 今治港〜 来島城 〜大山祇神社〜 村上水軍博物館・能島城

221.jpg
会員の発表(小林可奈氏)

229.jpg
会員の発表(山内譲氏)

241.jpg
シンポジウム

325.jpg
巡見(来島城跡)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問